こんにちは
stylistの寺嶋です◎
雨続きの梅雨もいよいよ明けそうですね!
夏休みに入った学生さんたちも
多いのではないでしょうか??
課題や部活動に追われてるひともいるかも。
そんな時にはちょっとだけ気を抜いて
リラックスする時間も必要だと
僕は思います。
そう、例えば映画を見るとか。

今日は僕が最近見た一本【シング・ストリート 未来へのうた】 をご紹介します。

1985年 大不況のアイルランド・ダブリン
喧嘩が絶えず離婚寸前の両親に悩める14歳の主人公コナーにとって、兄のブレンダンと見るロンドンのミュージックビデオが心の救いだった。
父の失業の影響で荒れた高校へと転校したコナーは、
学校の向かいに住む一つ年上の少女ラフィナに恋をする。
モデルを目指している彼女との接点を作るために、ミュージックビデオに出演して欲しいと嘘をついたコナーは大急ぎでメンバーを探し出し
バント「シング・ストリート」を結成する。

例えば好きな女の子にモテたい
学生の男の子がギターを持ち始めた理由なんて
案外そんなもんだったりする。

10代の頃のエネルギーって
今思うと笑っちゃうくらい単純で
でもそれってきっとちょっと忘れてるだけで
今の僕らにだってそのエネルギーはあって
そういうのを気づかせてくれる作品です。

作品中に彼らが演奏する曲もどれも
カッコよくて
何気ないセリフひとつひとつが
まるで自分に言われてるかのようで
物語が進むにつれてどんどん引き込まれます。

個人的には兄のブレンダンがコナーに感情的になるシーンにグッときました。
一番カッコいいと思ったのはバンドメンバーになるエイモンですね◎(右から三番目のメガネくん)

今、目の前にある世界を一生懸命に生きる彼らのロックな生き様
くすぶってる君も、大人になりきったアナタも
誰しもが通った10代の多感な時期の
あの感情が胸を熱くしてくれます◎

stylist 寺嶋 智浩