CHIKA・Tomoe/ GQJapan 1・2月号